FC2ブログ

男前な大家さん

20200428_200825_resized.jpg

こんにちは、リ・ライフすえちゃんこと、末松です。
もろきゅうはうまいですよね。。。

あまりブログでも触れたくはないんだけど、コロナウイルスの影響で、なかなか明るい話題を提供できずにいる日々が続きますね。

そんな最中、危惧していたことが…

ボクの仲介業務の中で、賃貸物件の管理業務を専門としていないのですが、たまたまご縁があって、管理を行っているところがあるのです。
場所は伏せますが、賃借人の方が飲食店を営む店舗を管理しています。

飲食店ゆえにこのご時世、店主からは今のところ何も連絡がなかったので、お店の経営はうまくいっていうのかなぁ?と思っていた矢先でした。

電話が入り、話を聞いていると…

『ご迷惑を掛けまいと、ギリギリまで頑張ってみたのですが5月分の賃料が払えないんです… 何とかならないでしょうか?

と言った内容の電話相談でした。

とりあえず話を聞こうと、翌日アポイントを取ってお店に出向いてきました。

国から支援してもらえる個人事業主への給付金の手続きはすでに行い、他にも給付を受けられそうなものについては申請をしたとのことだったが、それがいつ入金になるかもわからない中、目先の5月分の賃料がどうにもならないといったものでした。

ボクの提案は、たちまち苦しい間は敷金を切り崩して穴埋めして、給付金が受け取れた段階で切り崩した部分を充当して、6月分に備えるというものでした。

もちろん、大家さんに相談して、これに賛同いただけることが大前提ですが…
店主の立場からしてみたら、 「それだとめちゃくちゃ助かります!とゆーものだったのですが、ここで大きな落とし穴がありました。

実は、大家さんと店主との間に、家賃保証会社が入っており、この三者間契約の中に賃料の遅れを敷金で相殺することはできないといったルールが存在するといったものでした。

敷金から相殺するのであれば、保証契約を解約してもらわないと、敷金相殺は不可能!ということです。

これは困った… と、当初の下話で大家さんとは、今回は、敷金で埋め合わせるといったお話になっていたので、まさかの展開にどうしようかと…

再度、相談するために席を外し、大家さんに電話しました。

すると、

『保証契約を解約するのはリスクが大きいので、契約は続けたい、しかし契約を続けるのであれば、今回の敷金を切り崩す方法は取れない、だとすれば、末松さんだったらどぉする???』

ありゃ、、、ボクに振られても… って困惑したのですが、ボクがこの大家さんの立場だったらどぉするか? って考えた結果…

『ここで短気になった方が負け戦のような気がします。 払えないなら出て行って! とか、この店舗面倒くさいから売却する! というのは簡単ですが、出て行かれても次はいつ入るかわからないし、同じ賃料が取れるかもわからない。 かと言って面倒だからと言って売却したところで買い叩かれて思った値段で売れない、ってことを考えたら、この1ヶ月に限った話をするのであれば、5月分の賃料を免除にして、この店主を信頼してみませんか? そうすれば敷金は触らずに済みますし、万が一のことを考えたらできれば触りたくないですし…

という回答をしたところ…

『末松さんがそう思うんだったら、そぉしましょう! 5月分の賃料を免除にして、どうにかこの1ヶ月の間に店主には、給付金を受け取って資金繰りに頑張ってもらいましょう!』

ってことになりました。

電話を切ったボクは武者震いがしましたね。

「うわぁ、、、 すげぇわ、Kさん。。。

このやり取りを終え、店主の元に戻り、大家さんの男気 (女性ですが。。。 を伝えると…

『本当ですか、、、めちゃくちゃありがたいです。。。と、安堵の様子で力が抜けていましたね。

ボクは、 『ここまで大家さんは店主のことを思ってしてくれたんだけん、お礼の手紙でも書いて投函しなさい!って言いました。

ビルや店舗経営も商売です。
このように時として、持ちつ持たれつの場面に遭遇します。

大家さんも銀行から借り入れをして、ビルを運営している方もいらっしゃれば、借り入れもなく純粋に家賃収入で生計を立てておられる大家さんもいらっしゃいます。

Kさんのように男気のある大家さんもいらっしゃれば、情状酌量の余地なし!といった大家さんもいらっしゃるようで、何とも複雑です。

昨日のニュースでも報道していましたが、商売なさっている方の固定費である家賃をどのように国が負担するのか議論がなされ始めた模様です。

国が負担となれば、このような問題も多少緩和されるのでしょうが、如何せん、すぐのすぐには実現しないでしょうから、実現したとしても数ヶ月先の話ともなれば、今回みたいに目先の5月あるいは6月分の賃料には到底間に合いません。

いずれにしましても、本当に難しい問題ですね。
ただ、Kさんの英断にはボク自身も感服しました。

ボクにできることは、この店主のお店の売り上げに協力することくらいです。
テイクアウトもしているとのことなので、連休中にはお店を覗こうと思っています。

切ない…

ではでは。。。
スポンサーサイト



テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

1年越しの恋

IMG_1979.jpg

これがしたかったんです!

こんにちは、久しぶりのブログ登場となります、リ・ライフすえちゃんこと、末松です。

今日は、1年間恋に恋い焦がれ恋に泣いてきた、I さんのお話です。



冒頭にあるのは、敷地内にある家庭菜園。

これができる土地があり、かつJRの駅が比較的近くにあって、リノベーションをしても総額28,000,000円前後になる不動産を探し続けていたIさんとの二人三脚劇場は、ここにきてようやく終焉を迎えました。

なんと!1年間待ち焦がれた結果、ついに出会ったのです。

これまでの1年間を振り返ってみると、Iさんが気になる物件を見つける都度、ご相談いただき、下見に行ってはダメ出ししたり、実際に見学に行っても広すぎて管理していく自信をなくしたり、ボクの方から提案しても立地条件が微妙にずれていたり、立地が良くてもリノベ予算が大幅に嵩み過ぎたり…

なかなか思ったとおりにいかなかず、心が折れそうになったこの1年ですが、この経験が生きたのか、やはりお互いのこともわかってくるようになり、今回出会った不動産なんか、Iさん自身もビビッときたのと同様、この情報を見た時に、ボク自身もビビッときました。

すぐにメールを返信し、明日にでもすぐ見に行って、何ら問題なかったら即決しよう!
ってことになり、昨日見学して即決なさいました。

即決できるのも、即決できるだけの準備をいかんなく行ってきたからですね。

最も大事な資金計画もそう、ストレスにならない広さはいかほどか?についてもそう、建物があまりにも古すぎたらリノベでもカバーできないこともそう、駅までの距離もそう…

いろんなことを見て聞いて悩んできたからこそ、即決できるわけです。

ついに、Iさんのために出てきてくれた不動産。

いやぁ~、時間が掛かってしまった分、めちゃくちゃ嬉しかったですね、久しぶりに感動を覚えました。

これもまた、自分ひとりだけのことではなく、たくさんの協力者によってご縁が結ばれたことに意味がありますね。
いや、ホント関係者には感謝感謝です。

『信じる者は救われる!』 と言ったら大げさですが【 思いを強く持って信じて行動し続ければ周囲をも動かし自ら縁を引き寄せる!】 ってことじゃないっちゃろうかね。

それを実現させたIさんは素晴らしい!

仲介業者としては、なかなかふさわしい物件を見つけられないヘボさに滅入りそうになりましたが、Iさんとの間で信頼関係を構築しながら二人三脚で来れたことが功を奏しました。

これから、不動産のご契約や建物インスペクションによる瑕疵保険手続きや、リフォーム打ち合わせ、金融機関への申し込み手続きなど忙しい日々が続きますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

ではでは。。。

テーマ : 本日気になったネタ
ジャンル : ニュース

地上げ屋さん?

s-IMG_9214.jpg

※ 写真と本文とは一切関係ございません。。。

こんにちは、久しぶりのブログに登場しました、リ・ライフすえちゃんこと、末松です。

気が付けば3月も残すところあと10日ほどとなりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今日は春分の日ということで、お彼岸でございます。
今日から一日一日、昼間の時間が長くなっていくんですね。
ほんと、あっとゆーまの出来事です。

これまた気が付けば、ウチの長男坊は、浪人生活最後の最後で第一志望の国立大学に合格するといった親孝行を果たしてくれ、やれやれ気分でスタートした3月も終わりを告げようとしています。

そんな中、最近土地をお探しのお客様と触れる機会が多く、よく相談に乗って差し上げています。

だいたいよくおっしゃるのが、 『ネットもよく見ていたり、工務店さんなどから紹介してもらったりしているのですが、なかなかいいのがなくて… といったことでしょうか。

『いいのがあったらまた紹介します。』 とか、『また出たら声かけます。』 とか、社交辞令的な心のこもってないことを言おうと思えば言えるのですが、どうもボクはこれが言えない人みたいなんだよなぁ。

だいたい、いつも言ってることが、 『土地が真剣に欲しいと思っているなら、まずはそこで人に頼らず、自分たちの足で歩いてみて、ここを売ってくださるのであれば、ここが欲しい!と思える空地や空家を見つけてこんですか?

って言って地図を渡すとです。

んで、 『見つけてきたら、おじさんに、どこどこなんかを教えてくれて、もう一回意思確認させてもらってから口説きに走るバイ! とゆーわけで、土地の所有者を調べたら、飛び込みで訪問したり、遠方だったらお手紙を書いてみたりして、こちら側の思いを伝えるとです。

これを通常、不動産仲介用語で地上げ活動といいます。

依頼者が、おっさんの言うことを素直に聞いてくれて、汗水たらしながら休日の度に欲しい土地のエリアを歩いた結果、おみやげを持ち帰ってきてくれたらそりゃぁ感激ですたい!

ここまでしてくれたら、頑張って口説けるよう、書き上げる手紙の枚数は増えるし、ペンを持つ手に力は入るとです。
また、訪問するとなったら、話し方や表情を意識して相手にこちらサイドの気持ちが伝わるように話すとです。

ばってん、土地を所有している方に売却を切り出すのは、相手さんがたまたまそんなことを考えていたのであればお話にはなる場合があったにせよ、大半のケースでうまくはいかんとです。

やはり相手さんあってのお話だけん、こちらサイドの 『欲しい』 という一方的な思いを伝えたところで、どぎゃんもこぎゃんもならんことの方が多かったいね。

ばってん、先日会心の一撃がヒットしたとです。

とある事情で、血眼になって土地をお探しのMさんと一緒になって二人三脚で土地探しのお手伝いをしていて、先日ようやくここでいいよね!ってゆー土地が見つかって契約準備をしていたのですが…

契約前に、ご近所さんにひと言モノを言ってた方がよかよなぁ、と思って近所のおばちゃんに挨拶しに行ったところ、 『家の近所でそぎゃんことばしてくれたら適わんけん反対ばい!!』

って言われ、ほかの人たちにも数人事情を説明したところで同じ返事が返ってきたけん、その旨をMさんにお伝えすると、自分の方からも頭下げに行ってきます!ってことで、時間差で行ってもらったとばってん、結局同じように反対されてしまったとのこと。

ということで、契約直前でこれまた断念、振り出しに戻ってしもーたわけたいね。
そこで数日後、Mさんより、ここどぎゃんですかねぇ? って相談を受けた土地があって現地を下見するといいカンジ。

しかも所有者さんは同じ町内にお住まいの方。
こりゃあ突撃訪問で口説くしかない!! ってことで先日こちらサイドの思いを伝えに行ってきましたばい。

すると、所有者様の口から、『過去に売ってくれんかなぁ、とか貸してくれんかとか、数人から言われたことはある… ばってん、別に売らんでもお金に困っているわけでもないし、かと言って安いこと言われたら売りたくないし…

みたいな話になったので、 『価格に納得されたら売却もいとわないですか? と尋ねると、 『そやな。 って、おっしゃってくださったけんが、尋問を繰り返しながらようやく納得のいく価格がいくらなのかが把握できたったいね。

そのお話をMさんに持ち帰ると、ギリギリOKとの返事をいただいたので正式にオファーを出しました。
すると今日、所有者様の息子さんからお電話があって、それで進めてください!ってことになったったい!!!!

こりゃぁ、たいぎゃ嬉しかですたいね。

最後のオチは、所有者さまより、 『申し訳なかばってん、他の不動産とかでも世話になっている地元の幼馴染みの〇〇不動産に間に入ってもらって進めたいけんが、そっちと話をしてもらえんかなぁ?』

ってことでした。
うわぁ~!!  両手仲介がぁ・・・

確かに、突撃訪問から、口説くための資料を準備したり、作戦練ったり、世間話に2時間付き合ったりしたのは事実ばってん、ここは自分のことを言ったらだめばい!

所有者さまがMさんに譲ってくださることが何より最も大切なことだけん、我がことはどぎゃんでんよか!
後日、〇〇不動産に挨拶に行って、この縁談を共同仲介でまとめてみようではありませんか!

それにしても、土壇場で売り物件でもない土地を売り物件に変身させ、譲っていただけることになったのは、紛れもなくMさんの強烈な熱意ですたい。

売り物件ではないものが売り物件になる瞬間って、こりゃこの仕事の醍醐味ですばい。

物件が出てくるまでジーっと待つよりも、狙いを定めて動いた方が縁を引き寄せる可能性としては高いっちゃなかろうか。
なんとなく、最近そぎゃん気がしてならんとです。

この動きは、他の業務を抱えながらだとなかなか時間が取れず、満足に行動できんとですが、人の熱意っちゅーもんは、そーやって相手の心・技・体も動かしてくれるっちゃんね。

ありがとうございます。

ではでは。。。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

仲介業者だからこそ

s-20200127_193606.jpg

おはようございます、リ・ライフすえちゃんです。

北別府さん、病に負けずしっかり治して復活してくださいね と、この下敷きを見る度、日々思う今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

先日の大相撲初場所千秋楽では、徳勝龍関が見事、貴闘力以来の幕尻優勝を果たし、歓喜に沸き上がっていましたが、昨夜は一転、大関豪栄道関が引退を表明しました。

元小林山もとい両国の境川親方に引退を申し入れ、受理されたとのことです。

これで、あんなにたくさんいた大関は、貴景勝関ひとりとなってしまいました。

最近では、出島、雅山、栃東、照ノ富士、琴奨菊、髙安、栃ノ心など、張出大関が常に在籍していた時代もありましたが、ついにひとり大関となってしまったのです。

大相撲の世界もにわかに、世代交代の波が押し寄せている感があります。
横綱も今場所は2人とも休場しましたし、歳も重ねてきたので綱を張れる力士の登場が望まれます。

朝乃山や北勝富士、遠藤あたりに期待したいところでしょうか。

さて、先日こんなことがありました。

不動産を売却したい!と考えた時に、大半の方が、いったいどれくらいで売れるのだろうか?ということで、よほど親しい関係の不動産屋さんでもいない限り、数社に問い合わせてみて、査定を依頼し、比較検討をなさることが一般的ではないかと思います。

ボクは、不動産売買仲介を専門としているわけですので、このようなことは日常茶飯事なわけです。

売却依頼主は、いくつかの不動産会社から査定結果の報告を受け、お話も聞いた上で、最終的にどこに依頼するかを決めるといった行動に移ります。

ボク自身が選ばれることもあれば、当然、ライバル他社に競合で負けることもあります。
これは誰しもが経験していることだと思います。

昨年の暮れに、売却査定のご依頼をいただき、意思確認を行った上で、いろいろと不動産のことをお調べし、査定をさせていただいたお客様がいらっしゃいました。

査定が終われば、結果の報告と今後のスケジュールなどを確認するために再度ご自宅にお邪魔し、自分がお伝えできることはお伝えしてきたのです。

状況をお尋ねすると、4社ほどに来てもらってお話は聞いたとのことでした。

こりゃまた、確率でいったら指名してもらえるかどうかわからんばいね。

そぉ思いながら、お客様宅をあとにし、日々の目の前のことに向き合って仕事をしていました。

年が明けて20日ほど経った先日、ふと、年末にお邪魔したお客様のことを思い出し、 『そぉいえば、転勤決まったのかな?どうするんだろ??』 って思って、ネット広告を見ていると…

『ん!? なに、、、これは、あの時の…

つまり、すでに他社さんに依頼なさっていたことがわかったのです。

登録日を見てみると、1/8だったので、依頼してから10日ほどが経過したわけです。

まぁこれは、不動産仲介のあるあるではあるのですが、依頼するだけ依頼しておきながら、他社に依頼することになったらなったで断りの連絡をしない方は、確かに多いです。

だけど、このお客様に関しては、お会いした第一印象と会話の中で、決してこのようなことを疎かにするような方にはお見受けしなかったので、お電話をして、 『ネット広告をを見たのですが、これはすでに他社さんに正式に依頼なさったと受け止めてよろしかったんですかね?』 って尋ねると、 『そぉなんです、○○社さんに正式に依頼しました。』 とのこと。

ボクは、 『○○さんが、どこの会社さんに依頼するのは自由ですし、全くもって問題ないのですが、その連絡は欲しかったです!』 って思いを伝えると…

『いやぁ、ボクも他社さんには動いてもらったんで、断りの連絡を入れるべきか、依頼した先の不動産屋さんに相談したら、いずれわかることなので、連絡しなくても大丈夫ですよ。

って言われて、連絡をしなかったとのこと。

なんじゃそりゃ! って思い、驚きのあまりオロオロしてたら、逆に○○さんの方から、 『他の会社さんにもお断りの連絡しておいた方がいいですかね?』 って言われたんで、 『それをすることでお宅さまの心象が良くなると思いますので是非そうして差し上げて下さい。』 って言いました。

それにしても、仲介のプロであろう者が、そんな助言をしちゃいかんばい!

むしろ、 『あとで必ずわかることなので、ご自身の口からしっかりとお断りのお電話をなさって下さい。』 って言って差し上げるべきでしょ!

しかも依頼者は、30歳代前半の方です。

依頼者よりも長く生きている者が、それくらいのことを助言できんかったら、そりゃぁ仲介のプロとは言えんばい!

ってなわけで、同じ業界に身を置く者として、ちょっぴりガッカリしたエピソードですね。

初めて不動産を売却する方は、業界のややこしいルールや仕組みなんかわかる人はいません。

だからこそ、仲介のプロである我々が教えて差し上げるべきなんじゃないでしょうか。

自分がお腹いっぱいになれば、余所のことや他人のことは、どぉでもよかばい!ってのは、まちごぉとるばいね。

そんな出来事がありました。

ボク自身もこのようなことがないよう、再度、化粧まわしを締め直して土俵に上がるばい。

ではでは。。。

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

1月もあと一週間ばい

こんにちは、リ・ライフすえちゃんです。

ばってん、早かね。

こないだ正月を迎えたのに、もぉ20日が過ぎるなんて…

今月のリ・ライフすえちゃんは、有難いことに多忙を極め、日々目まぐるしく動いております。

前半戦は、岡山市南区中古住宅のご契約が一件のみと、静かな立ち上がりだったのですが、中盤から後半に掛けて、てんてこ舞い状態っす。

後半戦は、ご決済が4件、ご契約が5件立て続けにあるのです。

特に来週は、月、火、水と3連続でのご契約イベントが続きますばいね。

その準備に右往左往した1週間が終わり、契約書類も整ったことにより、あとは本番を迎えるのみとなりました。

月初に6契約あるのは、幸先がいいですね。

同窓会で記憶を失くして1年がスタートしただけのことはある!  (意味不明

さて、話は変わって、先週、長男のセンター試験も終わり、2次試験の願書をどこに出すのか?ってことで、家庭ではいろんな意見が飛び交っています。

我が子は、現役で合格を果たせなかったため、1浪して予備校に通っています。

当然、2浪はさせる気がないので、この1年に懸ける覚悟で臨んでもらっているのですが、センター試験の結果だけを見れば、この1年間の努力は結果として出せたんではないかと、オヤジのボクとしては感じています。

現役時の成績より35点ほど上積みしていたので、ボクとしては、苦労が報われたと思っていたのですが、本人は目標をもう少し上に置いていたこともあって、自己採点当日、目標点に到達していなかったことで、自宅で悔し涙を流していました。

そこに悔しさを持っているのなら、今年はやってくれそうだなと思ったわけですが、2次試験の出願ともなるとプライドばかりが先行して、人の言うことなど全く聞き入れんばいね。

希望大学への受験が難しいと思ったら、希望大学より少しばかり下のランクの大学かつ、去年自分が受験して失敗した大学以上のレベルにしか目が行かず、安全策を取ってこの辺りの大学でどうだ?って提案しても、レベルが低いけん受けたくない!って、親の教育が悪かったこともり、毎回こんな話になっていまいます。

この大学の、この学部に入って、これを学びたい!ってものがあれば、こんなことにはならなかったのですが・・・
小さい時から啓蒙活動をしなかった親であるボクが悪いけん、プライドだけの議論となっとるとですたい。

しかも!

『苦手科目を克服して、2次試験の学力を付けるために浪人したんじゃ! って言われると、親であるボクは何も言えんばい。

安全策を取ってA判定の中のA判定が出ている大学を受験するという思考は長男にはさらさらないようで、この1年に懸けた思いを全力でぶつかって勝負できる大学を受験したい!という気持ちに全くブレがないので、ある意味凄いですばい。

ボクだったら、たぶん1ランク落とし、かつこの街なら行ってもいいや!って思えるような国立大を探して出願すると思うとです。

ばってん、長男はそんなオヤジと違って、人の意見に左右されずに、自分自身を持っているんだわね。

いったい誰に似たんだろうか?

悪く言えば人の意見に耳を貸さない頑固な若人ってカンジばってん、ここまで我が息子が頑固なヤツだとは思わんかったってくらい頑固ばい。

だけん、理系学部に進むんだろうか。

そやなぁ、不動産屋にはなりたくないって言いよったもんなぁ。

ばってん、受験ともなれば、たくさんの諭吉さんがいなくなってしまいます。

配偶者からは、 『受験でお金がいるのがわかっているのに、身の丈にも合わんような車を買ってる場合やなかろうもん! って、言われる始末ばい。

まぁそりゃそぉかも知れん!

ばってん、たくさんの方に喜んでいただけるような不動産仲介をたくさんお手伝いすれば、自ずと車のお金も返せるし、長男の行きたい大学にも行かせてあげられるんで、健康を維持するために、次男坊とマラソン続けて、フィットネスも続けて、お酒も飲み過ぎず、日々精進せんといかんです。

長男が行きたい大学に勝負を懸けるのであれば、親は全力で応援するだけです。

親であるボクも日々、気を抜かず、手を抜かず、細かいフォローで不動産売買仲介に向き合う姿勢が求められます。

でなきゃ、応援する資格すらねーわ! って言われそうやしね。。。

さて、大相撲初場所もいよいよ佳境を迎えました!

正代と徳勝龍が並走していますが、来場所ひとり大関となる貴景勝も2敗で食らいついています。

14日目、千秋楽でどのような結果となっているのでしょうか。

徳勝龍が優勝して、貴闘力以来の幕尻優勝が見たい気もするばってん、どぎゃんだろうね。

楽しみばい。

ではでは。。。

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

プロフィール

リ・ライフすえちゃん

Author:リ・ライフすえちゃん
48歳に突入したものの相変わらず、高校野球、広島東洋カープ、80年代ソング、相撲、マラソンが大好きな大分県人です。
大きな笑い声と人懐っこい笑顔がチャームポイントかな???
ひん曲がったことが大嫌いな、リ・ライフすえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード