fc2ブログ

1月は100キロ達成しました

179963.jpg

こんにちは、リ・ライフすえちゃんこと、株式会社リ・ライフプロデュースの末松です。
↑これは、1/31(水)に、次男と一緒に走った際の模様です。

実は、1/28(日) に、岡山市中区にある、龍の口グリーンシャワーの森 にて、朝6時半から、トレイルランの練習を兼ねて、試走を行いました。

それもあって、普段使わない筋肉が筋肉痛に見舞われ、水曜日は中2日ということあり、あちこちが痛い状態で走ったこともあって、タイムも平凡なものとなりました。

その様子がコチラです。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コース

8合目

山頂

よしきラーメン

親子

いやぁ、トレイルラン、、めちゃくちゃしんどかったですね。
ボクも次男坊も、普段、走っているとはいえ、お尻を使って登らないと早く進めないんで、とにもかくにも、大臀筋が悲鳴を上げていましたね。

しかし、朝早起きして、山を駆け上がるってのは、とっても気持ちがよく、脳もスッキリするもんですね。
景色に癒されたり、山頂で食べるカップラーメンが美味かったり、何だかんだ楽しめた日曜日の朝でした。
この日は、8時20分に下山し、帰宅後、シャワーを浴びて出社し、1日しっかりと仕事をしてきましたよ。

そして、何だかんだ言いながら、1月は最後の最後までしっかりと走り切り、毎月目標に掲げている 100キロ を クリアしました。

180011.jpg

1月を振り返ってみると、やはり元旦に最上稲荷まで走って初詣に行ったことが大きかったですね。
ここでしっかりと、初っ端から距離を稼げたのが奏功しました。

問題は2月です。
今年は、うるう年なので例年より稼働日数が1日多いとはいえ、少ない稼働日数で100キロをクリアしなければなりません。
毎年、2月に試練がやってきます。
1回のジョギングで、どれだけ距離を伸ばせるのかが焦点ですね。

では、2月度もまた、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

寒い日は走るのが一番!

178770.jpg

ってことで、こんばんは、リ・ライフすえちゃんこと、リ・ライフプロデュース末松です。

朝日を拝みに行った翌日が水曜日ということもあって、リ・ライフすえちゃんは、お休みの日でしたが、この日は全国的にこの冬一番の寒波到来ということもあって、朝から風が冷たくて、めちゃくちゃ寒い一日でした。

そんな水曜日でしたが、15時から、とあるマンションの査定依頼があり、お客様宅へ訪問しに行って参りました。
そして自宅へ帰宅したのが、16時45分頃でしたので、すぐに着替えて、次男坊と2人でマラソンをしてきました。
いやぁ、、しかし寒かったなぁ。。

ネックウォーマーにニット帽を被って走ってても顔が痛かったです。
自宅に戻ってきたのが18時30分くらいだったので、次は、19時半から次男坊が毎週水曜日に通っている、運動公園で行われる陸上クラブの送迎および見守りです。

間隔が1時間しか空いていなかったので、着替える暇もなく、背中やお腹の汗だけ乾いたタオルで思いっきり拭きあげて、現地へと向かいました。

177526_0.jpg

177092_0.jpg

しかし、ウチの次男坊も凄いよなぁ、、、さっきボクと一緒に12.67キロ走ったばかりなのに、サーキットトレーニングしたり、300mインターバル走したり、よくもまぁ、そんな体力が残っているなぁ、と感心しきりでした。
ただ、オヤジである、リ・ライフすえちゃんも、この様子をスタンドで眺めているだけだと、寒くて寒くてかなわんです。

じっとしとったら足先は冷たいわ、背中は冷えてくるわ、指先も冷たいわで、こりゃ、わしも動かんと耐えれん!!って思い、再度、マラソンをおかわりしに出発しました。
次男坊が、トレーニングで頑張っている間、自分自身も頑張ろうと思い、12.67キロ走ったあとでお尻とか痛かったのですが、おかわりしてきました。

178771.jpg

ゆーても、5キロほどしか走る体力は残っておらず、体が温まったところで、再び次男のトレーニングの様子を見学することになりました。20時45分に戻ってきて、21時に終わるので、体は冷えずに家路に着くことができた水曜日でした。

しかし、ゆっくり休める休日はいつになったら到来するのだろうか・・・
ではでは。。

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

リレーマラソン

167058.jpg

167163_0.jpg

167164_0.jpg

167215_0.jpg

こんにちは、リ・ライフすえちゃんこと、株式会社リ・ライフプロデュースの末松です。
先日の10月15日(日)に、トマト銀行さん主催のリレーマラソン大会が開催されました。

リ・ライフすえちゃんおよび次男坊は、3年連続で、菱善地所さんのチームに参加させていただき、走ることになったのです。
朝7時に起床し、朝食を済ませた後は、入念にストレッチをし、総合運動公園までの道のり4キロをジョギングで体を目覚めさせ、10時のスタートに向けて走れる状態まで仕上げました。

チームは10人で構成され、次男が第2走者、ボクが第3走者を任されました。
1周が、1.1キロほどのコースで、この中途半端な距離が、まあまあ苦しめさせてくれるんですよね。。

しかも、周りの走者に引っ張られてしまうので、いつも走っているペースと比べると、どうしてもペースが上がってしまうんですよね。

普段は1キロペース4分55秒くらいで走っているのに、リレーマラソンにおいては、4分5秒とか、訳のわからんペースで走っていますもんね。

167072.jpg

しかしながら、こんなペースで走ってたら、4周目あたりから足が重くなってきて、スピードもキレもなくなってしまいます。

話は変わりますが、今年高校1年生の次男坊ですが、去年までは親父であるボクの方がタイムは速かったのですが、この1年の間に次男坊に勝てなくなってしまいました。

1周のラップをストップウォッチで測っていたのですが、次男坊は、最も速い周回で、4分32秒で戻ってきました。
ボクの最速が、4分45秒だったので、13秒ほどの差がついてしまったわけです。

いやぁ、、次男坊の成長が嬉しかったですね!
ついに、息子に勝てなくなったことがわかった瞬間でした。

結局、チーム全員が6周走ったので、チームとして6時間で60周した計算になります。

同チームには、最年少として、小2の子供さん、年長組として、ボクを含む50代のオッサン連中、30代、40代のお父さん連中など、幅広い年齢層で構成されました。

いろんな世代が分け隔てなく、互いの走りに感謝しながら、一体感を生み出す、リレーマラソン大会は素晴らしいイベントですね。

10時にスタートした、リレーマラソン大会も16時で終了です。
1時間に1本ペースで進んだものの、食事したり、会話したりしていたら、あっとゆー間の6時間でした。

これだけ疲れているにもかかわらず、次男とボクは総合運動公園をあとにし、大元の自宅まで、またしても走って帰ることになりました。
体力あるさすがの次男も疲弊していましたが、52歳のボクも、かなり疲れてしまいました。

そして、翌日の月曜日はゆっくりと足を休めて過ごしたものの、火曜日の夜にはマラソンを再開!
前半と後半に分けたのですが、前半を飛ばして、後半をジョッグで、21キロ走り終えました。

【前半】
167457.jpg

【後半】
167490.jpg

そして、翌日の水曜日には、前のブログで紹介した、投入堂登山をしたわけです。
どんだけ元気なのでしょうか?

ではでは。。

テーマ : マラソン大会
ジャンル : スポーツ

投入堂

入山口

こんにちは、リ・ライフすえちゃんこと、株式会社リ・ライフプロデュースの末松です。
先週の水曜日ですが、気候も、だいぶ秋らしくなってきて涼しくなってきたこともあって、鳥取県は三朝町にある、三徳寺投入堂へと足を運んで参りました。

ボク自身は、投入堂に登るのは2回目なんですが、鎖坂あたりの記憶しかなかったので、復習の意味で再チャレンジとなった次第です。
コースマップ

入峰修行受付所とゆーところで、入山料を支払い、靴底をチェックされ、タスキを手渡され、いざ登らん!って機運が高まりました。

入場門

ここからが入山ルートの始まりです。
スタート直後から難所が続いた印象があったのですが、その通りのコースだったこともあって、途中のルートは写真を撮る余裕すらありませんでしたね。
前夜に、21キロ走ったことで、足が重たかったので余計にしんどかったのかな?って感じでしたが…

開始口

そんなこんなしているうちに、いよいよ鎖坂まで到着しました。
この坂を登り切れば、お堂に到着するので水分補給休憩が待っています。

鎖坂

とゆーわけで、登り切ったところに、このような眺望が待っていました。
10月中旬ということもあってか、山々の紅葉はさほど進んでおらず、色づくにはまだまだ時間が掛かりそうな感じでした。

眺望➀

眺望③

ここまで来れば、残りはあと少しってことで、鐘撞場まで到着しました。
ここで疑問に思ったのですが、この鐘、、、重さ2トンとのことですが、平安時代にどのような方法で、こんな山の中まで持ち込んだのでしょうかね??

当時は、車もヘリコプターもクレーンもその他重機も、なぁ~んにもありません。

地元の登山ガイドさんによれば、材料だけ持ち込んで、現地で鐘を作ったのであれば、周辺に鉄粉があるはずだということでしたが、調査した結果、それもなかったとのことなので、下から持ち上げてきたという説が濃厚だそうです。

しかし、こんな重たいものを人力で、ここまで運ぶなんて考えられないですね。

鐘撞場

そして、ようやくゴールの時を迎えました。
無事、投入堂に到着です。

先ほどの鐘を持ち運んだ話も強烈なのですが、相変わらず、このお堂も、どぉやってここに、このような立派な建物を建築したのか意味がわかりません。

足場はどうしたのか?材料はどうしたのか?

何人の人がこの建築に携わったのか?
いつ来ても、いつ話を聞いても、不思議でしょうがありません。

投入堂

このあと、三朝温泉の株湯ってところで、温泉に浸かって汗を洗い落として帰路へと向かったのですが、ここの温泉の温度が、クソ熱くて熱くて…

1分ほどしか入ってられない温泉だったのです。
株湯が熱いってゆーのは、有名な話のようで、道後温泉本館、温泉津温泉の薬師湯を彷彿とさせる熱さでしたね。

とゆーわけで、何とも健康的に過ごさせていただいた水曜日の休日でした。
ではでは。。。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

ポストシーズン

おはようございます、リ・ライフすえちゃんこと、リ・ライフプロデュース末松です。
いよいよ今日から、セ・パ両リーグにおいて、クライマックスシリーズが開幕します。

すえちゃん贔屓球団の広島カープは、地元開催にてDeNAベイスターズと対戦します。
先発ピッチャーは床田投手です。

相手投手は、今季一度も勝てず、4勝を献上している東投手の先発です。
先に2つ取ったチームが優勝チームと戦うことになりますが、果たしてどのような結果になるのでしょうか?

カープファンとしては、最後まで楽しみたいということもあって、是非とも阪神タイガースの待つ甲子園に乗り込んで欲しいものです。

さて、MLBはといいますと、こちらも熱い戦いが繰り広げられていますね。
NPBの試合がなかったこともあって、ここ数日は、毎日のように、22:40~ BS1のワースポMLBを観ていました。

まずは両リーグ通して言えることなのですが、シーズン100勝以上を挙げて優勝したチームがことごとく敗退していることです。

アメリカンリーグ東部地区優勝のボルチモア・オリオールズ(101勝)、ナショナルリーグ東部地区優勝のアトランタ・ブレーブス(104勝)、ナショナルリーグ西部地区優勝のロサンゼルス・ドジャース(100勝)…

また、好成績を収めて優勝した、ナショナルリーグ中部地区優勝のミルウォーキー・ブリュワーズ(92勝)、アメリカンリーグ東部地区2位のタンパベイ・レイズ(99勝)

リーグ戦をほぼダントツで勝ち上がったチームが、ワイルドカードで勝ち上がったチームに苦杯を嘗めてしまった感が強いです。
リ・ライフすえちゃんの優勝予想が、アトランタ・ブレーブスだっただけに、早くも予想が外れてしまいました。

そんなシーズン好成績を収めたチームを、ぎゃふんと言わせているチームで目立つのが、アメリカンリーグ西部地区2位のテキサス・レンジャーズ、ナショナルリーグ西部地区2位のアリゾナ・ダイヤモンドバックス、ナショナルリーグ東部地区2位のフィラデルフィア・フィリーズですね。

この3チームですが、ホントよー打つわ!ってカンジですね。
テキサス・レンジャーズは、まず東部地区2位のタンパベイ・レイズをスイープ、そして東部地区優勝のボルチモア・オリオールズスイープしました。
シミエン、シーガーの1、2番コンビが出塁率が高いので、3番ガーバー、4番ガルシアのクリーンアップが返してくれます。

先発投手陣も特に、イヴァルディがよく、見ていて打たれる気がしません。
リーグ優勝を懸けて、同じ西部地区優勝のヒューストン・アストロズと対戦することになりました。

この両チームは、最終戦まで西部地区の優勝を争った2チームで、ゲーム差なしで1位、2位の順位が確定したこともあって、ライバル心は、相当なものがあると思われます。

しかし、ヒューストン・アストロズは7年連続で地区シリーズ進出ってのが凄いですよね。
3番アルバレス、4番タッカー、5番アブレイユのクリーンアップは強力ですし、ショートのペーニャの守備もエグいです。

毎年こんなチームを作るベーカー監督は流石の名将です!
方やテキサス・レンジャーズのボウチー監督も名将ですので、老獪な2人の監督による采配も見物ですね。

さて、ナショナルリーグですが、優勝候補のアトランタ・ブレーブスが昨日、東部地区2位のフィラデルフィア・フィリーズに敗れ、地区シリーズ進出を阻まれました。

しかしながら、フィラデルフィアのシチズンズ・パークスタジアムの熱狂ぶりは尋常ではないですね(笑)
MLB球団の中でも №1ではないでしょうか。

NPBでゆーなら、阪神甲子園球場ってカンジです。
あの応援を受けたら、選手たちはかなりのエネルギーをもらえますね。

アトランタ・ブレーブスといえば、ホームラン30発以上カルテットのアクーニャ、アルビズ、ライリー、オルソン、オズーナなどを揃え、他チームを圧倒してきたのですが、肝心の1,2番が抑え込まれてしまい、ホームランキングに輝いた4番オルソンの見せ場もほとんどなく、シーズンを終えてしまいました。

そのブレーブスに勝ったフィリーズについても触れましょう。
いやぁ、、このチームもここ数年強いですね。

今年は、WBCアメリカ代表で出場していた、トレイ・ターナーがドジャースから移籍してきて厚みが増しましたね。
そして、何と言っても、ポストシーズンの鬼とも言えましょうか、鋼のメンタルを持った、闘将ブライス・ハーパーの存在感ではないでしょうか!

ハーパーすげー、、、 ってしかテレビの前で出てこんかったもんね。
まず、ボール球を振らんのです。
吉田正尚選手が、ハーパーに惚れるのも、よーわかりますわ

それと神懸っていたのが、7番のカステヤノスです。
2試合で4ホームランとゆー、とんでもない活躍をしてチームの勝利に貢献したのです。
昨日も、ブレーブス投手2冠に輝いた、ストライダー投手の162キロの真っ直ぐを打ち返して、もの凄い弾道のホームランを打ちました。

地区シリーズを懸けた戦いは、ロサンゼルス・ドジャースをスイープした、西部地区2位のアリゾナ・ダイヤモンドバックスに決まりました。
ダイヤモンドバックスも小柄なバッターですが、1番打者のキャロルの存在感が際立っていますね。
チームに勢いを付けているのが見て取れます。

さて、地区シリーズ進出を懸けた戦いを見てきましたが、短期決戦の難しさとでも言いましょうか、主力選手、特に1番、2番打者の調子で勝敗が決まったといっても過言ではないのではないでしょうか。

ボルチモア・オリオールズは、シーズン好調だったラッチマンが絶不調、アトランタ・ブレーブスは、打率337、41HR、70盗塁でMVP候補のアクーニャ、アルビズが不調、ロサンゼルス・ドジャースは、ベッツ、フリーマンが絶不調・・・

ということで、シーズン100勝以上で優勝したチームですが、これらのことが背景にあったことで、チームに勢いをもたらすことができなかったように思えます。
方や、シリーズを勝ち上がったチームは、1,2番打者の調子がすこぶる良かった点が挙げられますね。
さてさて、ワールドシリーズに出場する2チームはどこになるのでしょうか?

打率1割台で47ホームランを放ち、100打点を挙げ、215個の三振をした、元カープのランスも真っ青な、フィリーズのシュワーバーにも注目しましょう。

広島カープからも、MLBからも目が離せませんね。

ではでは。。。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

プロフィール

リ・ライフすえちゃん

Author:リ・ライフすえちゃん
52歳に突入したものの相変わらず、高校野球、広島東洋カープ、80年代ソング、相撲、マラソンが大好きな大分県人です。
大きな笑い声と人懐っこい笑顔がチャームポイントかな???
ひん曲がったことが大嫌いな、リ・ライフすえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード