FC2ブログ

弾丸帰省~2日目編

20210401_092156_resized.jpg

20210401_092506_resized.jpg

こんにちは、リ・ライフすえちゃんこと、末松の帰省ブログ第2弾!

2日目の模様をお届けします。

この日は4/1(木)です。

前夜、21:00に就寝したボクたちは爆睡しており、朝日と共に7:00に目を覚ませ、快適な朝を迎えたわけです。
しっかり眠れたこともあって、体の疲れはずいぶんと軽減されました。

母親と会話を交わすと、今日はちょっと体調が思わしくなくてしんどいってことだったので、無理せんようにねってことで、なるべく横になっておいてって言い残し、ボク等は、人から頼まれていた小鹿田焼の陶器を購入するために、まず皿山に行ってきました。

実家からは車で20分ほどの距離です。

20210401_093852_resized.jpg

ここで陶器を購入した後、震災から5年が経過する熊本城がどの程度、修復が進んでいるのかを実感したく、車を熊本へと向かわせました。

実家から熊本市は80キロほどの距離です。

前日も550キロほど運転しているボクにとってはしんどいかな?とも思ったばってん、これは絶対に目に焼き付けとかんといかん!!って気持ちが勝り、迷わずに国道387号線をひたすら南下しました。

熊本城の二の丸公園駐車場に到着したのは、11:45くらいでした。
ご覧のとおり、まだまだ震災当時の名残がある箇所もありました。

20210401_125155_resized.jpg

20210401_125435_resized.jpg

20210401_122826_resized.jpg

ばってんが!!!

20210401_125258_resized.jpg

20210401_125350_resized.jpg

20210401_130048_resized.jpg

20210401_123304_resized.jpg

20210401_125936_resized.jpg

20210401_125942_resized.jpg

見てみんですか!!!  

人の力って本当に素晴らしいって思わんですか!!って思わんね。

あれほど惨めなまでに崩れかけていた天守閣の屋根も瓦もここまで綺麗に復活しとるたい!

武者返しも健在たい!

ホンマに感動して、不覚にも思わず涙がこぼれてしもぉたばい。

この事業に携わっている職人さんたちには本当に頭が下がる思いです。

4/26にはようやく、天守閣の一般公開が実現するそうで、こぎゃん嬉しかこつはなかもんね。

しかし、いつ来ても熊本城の敷地の広さには圧倒さるっばい。

熊本城の猛々しい姿にパワーをもらった2人は、熊本城を後にし、腹が減ったけん、熊本ラーメンば食うて帰らなたい!ってことで、立ち寄ったのが、久しぶりの 『味千ラーメン東バイパス店』 たい。

毎日は食えんばってん、たまに食うと、にんにくの効いた、熊本ラーメンはうみゃーね。

そして、日田市に戻る前に、もう1ヶ所立ち寄りたい場所のあっとです。

それは、熊本から大分方面へ向かう国道57号線と国道325号線とが分岐する阿蘇大橋の様子です。
地震による、山の地滑りで崩落してしまった阿蘇大橋が、先日のニュースで完成したと聞いて、その現場も見ておきたかったとです。
ここは、深夜に車ごと土砂に飲み込まれて生き埋めとなって亡くなってしまった大学の後輩も眠っている現場です。
その名残もまだ残っていたので、写真に収め、現場に手を合わせました。

20210401_145544_resized.jpg

20210401_145524_resized.jpg

そして、反対側に目を向けると、完成しているやないですか!! 立派な阿蘇大橋が!!

20210401_145739_resized.jpg

これで南阿蘇村や高森町の人たちの往来がスムーズにできるようになったたいね。
ここでも人の力の凄さと、我が国の建築技術の素晴らしさに脱帽するしかありませんね。

いやぁ、ホントに凄いです。
5年の間にここまでやり上げるって、ホントにホントに凄いことです。

ここでもパワーをいただいた2人は、阿蘇から50キロほど離れた日田を目指して車を走らせました。
実家に帰宅したのは17時過ぎでした。

帰宅後、両親には、熊本や阿蘇で見てきた人の力を伝え、一日一日を懸命に生き抜くことの素晴らしさを話しました。
物わかりのよい両親なので、たぶん、ボクの話は伝わったと思うばってんね。

パワーをもらったボクは次男に、『今日は走ったあとで、日田チャンポンを食べてから温泉に行かんね? って問うたら、『それがいい! ってことになったので、引き続き、4月初日に走ることにしました。

今日も200キロ以上運転した直後だっただけにきつかったばってん、睡眠をきちんと取れていたお陰で、難なく走れたし、次男坊なんか、ボクよりも快調に走ってました。

share_1617438393301.jpg

走り終えたのが、19時半過ぎ。

駅前の寳屋さんでチャンポンを食べる予定にしていたので、日田駅をゴールとして走り終えた2人は、そのまま寳屋さんに入店し、チャンポンをいただきました。

20210401_194046_resized.jpg

20210401_195547_resized.jpg

相変わらず、優しい薄味で野菜たっぷり、麵たっぷりの日田チャンポン。
昼間はラーメン、夜チャンポン…

麺類ばっかやんか!

たくさん汗をかいたこともあって、腹いっぱいになった2人は、天然温泉の露天風呂で疲れを癒すことにしたとです。

20210401_202549_resized.jpg

20210401_204625_resized.jpg

20210401_202926_resized.jpg

まじで、ここのお湯は、つるっつるで、肌がすべすべになるばい!
湯加減も良く、体の芯からあったまる露天風呂です。

暗いけん、わからんと思うばってん、横には川が流れているので、流れる音を聞きながら温泉を満喫するといった贅沢なひと時でしたね。
帰宅したら21時20分くらいだったけん、母親はすでに就寝していて、まだ起きていた父親と会話をして、ボクたちも就寝しました。

そして、翌朝4/2は、母親が作ってくれた味噌汁をすすって、またね って伝えて、9:00に実家を出発。
今度は、日田ICから高速道路を利用したので、15:30には岡山に到着しましたばい!

17:00に来社アポイントが入っていたので、着替えて出社し、19時まで仕事をして、夜は飲みに出かけ、AM1:30に帰宅し、今日は朝から仕事をしている、何ともタフなリ・ライフすえちゃんでした。

ではでは。。。
スポンサーサイト



テーマ : くるま旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

リ・ライフすえちゃん

Author:リ・ライフすえちゃん
49歳に突入したものの相変わらず、高校野球、広島東洋カープ、80年代ソング、相撲、マラソンが大好きな大分県人です。
大きな笑い声と人懐っこい笑顔がチャームポイントかな???
ひん曲がったことが大嫌いな、リ・ライフすえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード