FC2ブログ

素敵な縁結び

おはようございます、リ・ライフすえちゃんです。

おとといの夜、デブったことに嫌気が差し、11.34キロを走ってきたリ・ライフすえちゃんですが、左側の太股とふくらはぎが痛くなってしまったんで、きっと姿勢やらバランスやらが悪いんだろうと思い、今週水曜日に、美姿勢のヨガ屋さんに行こうと決意。

ってな訳で、昨日はマラソンも休憩し、21時ごろ仕事を終えて、ひとりラーメン屋 に入り、ビールを飲み、その後、家に帰らず、夜の街へと消えていきました。。。
昨日が、ものすごく忙しく、喋り過ぎて、夜になると声もガラガラ。。。

お疲れ様自分 ってカンジで、静かに飲みたかったこともあり、夜な夜なBARに行ったんです。
BARはええっすね。

よいお酒が飲めるし、バーテンさんといろんな話ができるんで、勉強にもなります。
よく?って言ってもたまに行くBARは、バーテンさんの仕事に対する思いが話をしていて共感できるんで好きなんです。
そしてまたこれが、おいしいもん出してくれるから、飲める飲める。。。
スルスルって喉を通過するんで、気付けば2:00を回っていました。

そして今朝は、多少起きるのに苦労したものの、すっきりとした気分で、仕事に向き合っています。

そんなこんなで、先日、素敵な出来事があったんで、報告しますね。
12月2日の出来事です。

8年ほど前に、仲介させていただき、マンションを購入して下さったYさんから、当社に電話がありました。
事務員さんから、『Yさんって方からお電話ですよ。』 って言われたんで、 『ん?Yさんって?まさか・・・ って思って代わると、そーです、そーだったんです!!予想していたYさんだったんです。

ありゃまぁ、、、こりゃぁ久しぶり!って思い、電話して下さった理由を尋ねると、あることを機に不動産のことで相談したく、他社さんにも相談なさった挙句、すえちゃんがいったいどこにおるんやろ?ってネットで探し回ってたら、当社にたどり着いたとのことでした。

それもそのはず、Yさんと出会った時は、以前勤務していた会社さんにいた頃の話なんです。
退職する際も、お客様全員にはご挨拶できていなかったこともあって、Yさんもボクが、リ・ライフすえちゃんになったことをご存知なかったわけです。

そのご相談内容とゆーのが・・・
ご家庭内やご勤務先のご事情が、購入当時と変わってきたことで、住み替えをしたいとゆーものだったのです。
お話を聞いていると、岡山市南区の某所をご希望とのこと。

しかもYさん、いろいろとお調べになられていて、具体的に住み替え先として考えているマンションがあるとのことでした。
しかし、そのマンションは現在、市場に流通している訳でもなく、これから先、いつ出てくるかもわかりません。。

とーり一辺倒の回答であれば、 『Yさん、また、その物件が出たら言います。 なんでしょうが、お聞きした、ご事情がご事情なだけに、 『こりゃぁ、どげんかせんといかん!! って思いもあったんで、とりあえず、その場の回答として、 『可能性があるようなお部屋があるかどうかリサーチしてみますね。 たちまちどーにもならんかったら、ごめんなさい。 ってことで、まず、可能性から探ってみようと決意。

そのマンションには、知り合いの方が、お住まいになってたり、相談できる方もいらっしゃったりで、まずは情報収集! ってことで、相談できる人たちに、かたっぱし電話をしていきました。

すると。。。
その内のお一人が、 『私の知ってる人が、空家にしていて、賃貸募集を掛けているみたいだから聞いてみてあげよっか?

って、おっしゃってくださったんです。

おいおい、、、マジかい、、、

『えぇーーーー!マジですか???? 是非是非、聞いてみて下さいよ!! その方にお話しする際は、こーこーこーで、あーあーあーで、どーどーどーで、、、ってなカンジで、だから、譲って欲しいんだ!!って伝えてもらっていいですか?』

そのようにお伝えした、リ・ライフすえちゃんだったのですが・・・

すると3日後・・・

オーナーさんに伝えて下さった方より電話がありました。

『末松さん、何かねぇ、そのようなご事情で、かつ見ていただいて気に入って下さるんだったら売却も考えてもいいってゆってたよ~。

またまた、マジで?? マジマジ???

『マジっすかぁーーーーー!!! どーしたらええんすか?ボクは。 ってより、お宅が間に入ってくれて仲介してくれたらいいんじゃないん?』

ってゆーと、

『いやいや、ええですわ、末松さんが直接、オーナーさんのところに電話してくれたらいいよ、電話番号も伝えてもらって構わないってゆってくれてるから。』

まぁなんと!

そんなことなら、早くお会いしたい!!って思い、ご指定の日時にお電話させていただきました。
オーナー様は、Oさんとおっしゃいますが、お電話でアポイントを取らせていただき、後日、Yさんの想いを伝えに行ってきました。

すると、OさんにはOさんのマンションに対する思い入れがあって、購入した経緯から、今に至るまでの想いをお話して下さった訳ですが、ここでも、ボクはOさんの気持ちが理解できたので、Yさんだったら絶対に受け入れて下さると感じ、ますます話に熱がこもってしまいました。
(中略)
すると、OさんにもYさんの気持ちを理解して下さり、一度、室内を見ていただき、気に入られるかどうか判断してみてもらって下さい、そこで最終的に判断しましょう。 ってことで、価格 の話になったところで、取引の事例を持参していたので、相場をお伝えし、Oさんの想いも込めて、○○○○万円で、いかがでしょう? であれば、双方きっと満足していただけるのではないかと思います。。。 ってお伝えすると、プロの貴方にお任せします とおっしゃってくださり、鍵をお渡し下さいました。

またまた、マジで??マジマジ???
そんな気持ちで車に乗り込み、帰りの道中で、早速Yさんに電話しました。

『Yさん、嬉しい報告があります!!あーゆーことがあり、こーゆーことがあり、どーゆーことがあって今、このような運びになりました!!』

すると・・・ Yさんは、??? ってカンジで、

『え? こんなに早くにもう見つかったんですか? だって、私が末松さんにお電話してからまだ1週間経ってないんぢゃないですか??? ・・・ ってことは見学させていただけるってことですかぁ?』

『はい、そーゆーことですよ、鍵もちゃんとお預かりして参りました。』

ってことで、その週末、Yさんご夫妻に実際にマンション室内を見ていただきました。

売主様のOさんの素性、OさんがYさんにお見せする気持ちになった経緯等については、事前にお伝えしていたので、おおかたの予想通り、Yさんには、とっても気に入っていただきました。

そして昨日、再度Yさんとお会いし、購入のスケジュール打ち合わせを行い、その旨をOさん宅へご報告に行って参りました。
無論、YさんにもOさんにも喜んでいただき、 「仲介営業の極みである、双方に満足を提供する」 とゆー、第一歩を踏み出しました。

Yさんが8年ぶりに、ボクのことを思い出して下さったところからスタートして2週間。
こんなに早く、素敵なご縁が結ばれるなんて・・・ 仲介マンの立場からすると感無量ですね。

ボクは、OさんにもYさんにも、もちろん言いましたけど、声を高らかにして言いたいですね。。。

『ありがとうーーーーー、 おめでとうーーーー って。

熱い気持ちで仕事と向き合っていると、このような鳥肌もんの出来事が、年に数回ありますが、こんな気持ちで仕事ができて、家族を養えてて、知り合いが増えて、友達もできるボクは本当に幸せもんです。
あぁ、、、いつ死んでもええわ。。。

ってまだまだ、くたばりそうにない、リ・ライフすえちゃんではございますが、思わず、ほっこりするエピソードでした。

さてさて、年賀状の続き、続き。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リ・ライフすえちゃん

Author:リ・ライフすえちゃん
49歳に突入したものの相変わらず、高校野球、広島東洋カープ、80年代ソング、相撲、マラソンが大好きな大分県人です。
大きな笑い声と人懐っこい笑顔がチャームポイントかな???
ひん曲がったことが大嫌いな、リ・ライフすえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード