FC2ブログ

海が見える土地

s-20191102_134443.jpg

お久しぶりです、リ・ライフすえちゃんこと末松です。

ご覧下さい、この綺麗な海!

瀬戸内ならではの穏やかな海です。

遠くには瀬戸大橋がかすかに見えるのがおわかりでしょうか?

ここは、玉野市向日比という場所です。

昨日ですが瀬戸内海が望める土地にお家を新築なさるという、Nさまの土地契約がありました。

s-20191022_120522.jpg

昨日は土曜日だったこともあって、たくさんの魚釣りを楽しんでいる方たちと出会いました。
Nさんも釣りに興味を持っていただけたら幸いですね。

ここ最近の縁結びですが、土地を占める割合がとても多くなっており、中古住宅や中古マンションといった居住用不動産のご縁結びの件数が減ってきています。

先月も4件中3件が土地仲介で、1件がマンション仲介でした。

特に最近感じるのが、年数が経過した中古住宅の問い合わせ件数、あるいは案内件数が激減したという事実です。

数年ほど前までは、それを感じなかったのですが、ここ数年のうちにめっきり減ってきたのです。

新築建売住宅が比較的安価で購入できることが根付いたこともあって、2,000~2,500万円の中古物件が、かなりの苦戦を強いられています。

例えば、なかなかお目に掛かれない立地、駐車スペースが並列で3台置ける、太陽光発電システムがガッツリ載っている、リフォームしていて修繕にさほどお金が掛からないなど、新築建売住宅を凌駕するような魅力がない限り、入口において勝負できない状況です。

同時に、外観デザインが、 『ザ☆昭和』 感を漂わせている中古住宅 もしんどいですね。
リフォーム済みであっても最近のお若い方は見向きもしてくれません。

スタイリッシュな外観や、パッと目に入る新しさなどに、若い人たちは引き込まれるようで、第一印象で判断される方も少なくないように見受けられます。

よく聞く話ですが、最近の若い方は、車にもさほど関心がないようで、動けば良く、軽四でもいいって男子も多いようです。
なので、家にもさほどこだわりがないって世代が増えているんでしょうかね。。

仲介人生16年歩んでいますが、特にここ最近、変化を痛切に感じます。

建売住宅が何故売れているのか、勉強の意味を兼ねて見に行かせてもらっていますが、自分が住む立場に立ってよくよく見てみると…

このトイレ … 入口狭いけど、子供が小さいうち一緒に入ろうと思っても入れんがぁ!
この掃き出し窓 … 小さいけん、布団出すのに出しにくいし、自分がデブだったら出にくいがぁ!
このリビング … テレビボード長いの置けんがぁ! ソファーも2人掛けしか置けんがぁ!
この洋室… 入口狭いけど、どうやってベッドを運ぶんだ?


などといったことが洗い出されます。
夫婦2人だけならどうにか生活できそうですが、家族が増えると厳しいと思える箇所がたくさんありました。

だからといって、これでも自分たちには合うんだって思われる方が購入すればよいわけですし、その立地がその人にとってどんぴしゃの立地条件であれば、それはそれでよいわけです。

ただ思ったのは、デザインや見た目だけで判断することなく、常に自分たちが住むイメージをしっかり持って、家族が増えた時、自分たちが歳をとった時のことなどを考えて判断しなければならないってことでしょうね。

だけど、オシャレな建売住宅が若者に支持されている理由が何となくわかりました。
中古住宅、、、ますます厳しい状況に立たされますね。

いろいろと仕掛けも考えていかんといけんですね。
ではでは。。。
スポンサーサイト



テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リ・ライフすえちゃん

Author:リ・ライフすえちゃん
48歳に突入したものの相変わらず、高校野球、広島東洋カープ、80年代ソング、相撲、マラソンが大好きな大分県人です。
大きな笑い声と人懐っこい笑顔がチャームポイントかな???
ひん曲がったことが大嫌いな、リ・ライフすえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード