FC2ブログ

日田高等学校同窓会

【鳥刺し盛り合わせ 1,200円】

s-20191231_180959_resized.jpg

【実家特製がめ煮 無料】

s-20191231_162854_resized.jpg

【安い!300円で入れる温泉 なかま温泉】

s-20191231_152428_resized.jpg

こんにちは、リ・ライフすえちゃんです。

新年の挨拶ブログを書き終えたあとは、今回の九州への帰省について語ろうかなぁ。

しかし、毎回毎回思うとばってん、この鳥刺しの盛り合わせが、1,200円で購入できるのが信じられんですね。

これだけのボリュームでこの値段!

Nかしわ店さん、ほんと毎回毎回有難うございます!

これが食べたいけん、帰省しているようなもんですばい。

岡山のちょっとした小洒落た店で、これが出てきたら5,000円くらい取らるるばい。

しかも、中心には肝と皮がおり、その周辺にズリがおります。

内臓系の部位を刺身としてお客さんに提供する文化のない岡山からしてみたらあり得ん光景なんでしょうね。
日田市の人は昔から鶏ばっかり食っている文化があるけん、遺伝子的に胃腸に免疫ができているという見解もあるようです。
だけん、店に行ってもこぎゃんとが平気で出てくるわけですたい。

また、実家特製がめ煮ですが、これはまた、焼酎のお湯割りにドンピシャのストライクあてですわ。

これまた、鶏がメインなんですが、おかんが言うには、親鳥じゃねーとつまらん! そうで、親鳥を2日間煮込んで出汁を採って、椎茸、人参、こんにゃく、里芋、ごぼうを入れちょるとのこと。

これは帰省すれば、無料で食べれるのでたまらんです。

さて、前置きが長くなりましたが、今回の帰省は、むちゃくちゃ楽しみにしていた帰省でもありました。
何故なら、1990年に卒業した大分県立日田高等学校の我々世代の同窓会をこの2020年に30年ぶりに行うことになったからです。

中にはマジで30年ぶりに顔を見る同級生や先生方と会える機会が与えられたからです。

とは言え、この同窓会を企画してくれたのが地元日田市にいる同級生諸君の数名で、マジでこの友人達のお陰で実現することになったため、感謝してもしきれんくらいです。

彼等をはじめとする同級生諸君にはグループLINEを作り、人数を集めていたのと同時に連絡を取り合って経過報告などをしていました。

ボクもあまりの嬉しさに、何か手伝えることはないかと、去年の暮れから協力体制を取っていたんですが、卒業アルバムに記載している実家の電話番号を頼りに、実家に電話をしまくるお手伝いをさせていただきました。

ばってん、当時の電話番号はすでにない家もあったり、親は電話に出ても息子と連絡取りあっていないとか、またはボクが不審者と疑われ、電話番号を教えてくれなかったりとかで、なかなか思ったとおりの成果を上げることができなかったのですが、土壇場でひとりだけO君と連絡が取れ、同窓会に参加してくれることになったのです。

結局、最後12/29に幹事に参加人数を尋ねると、先生方9名を含む、75人が参加することになったとのことです。
我々の学年は、団塊ジュニア世代ということもあって全部で9クラスの405名の同級生がいます。

今回の参加者は、生徒だけでいえば66名なので、全体からすると2割にも満たないのです。

ばってん、66名も集まる同窓会に胸を躍らせたボクは、中には1次会で帰られる人もいるだろうし、2時間ちょっとの時間で65人全員と話しすることもできんだろうし、かと言って、まったく一言もモノも言わずに、次はいつ会えるかわからんって人がひとりでもおらんようにするにはどうしたらよいかを考えた結果…

思い付いたのが、お土産を人数分買って、手渡しで配れば、その時に何かしらモノが言える
会話にまでは発展せん人もおろうけど、モノは言える

ましてや、ボクが岡山なんかにおることすら知らん人もおろぉし

ってことで、帰省する前に、岡山らしいお土産でひとりひとりに手渡せる物って何があるとやろぉかね?
って調べていたら…

やっぱ、吉備団子ばい

ってことになり、手渡しするには ちょうどいい塩梅のサイズのものを人数分ネット注文し、12/31 には実家に届くよう手配しました。

そして同窓会当日の待ちに待った1月2日がやって参りました。
幹事にもボクが吉備団子を人数分買ってきた旨を伝えていたので、気を利かせて会の途中で紹介してくれました。

しかしボク自身、実は (誰も信じてくれんばってん…)極度の人見知りで、かなり緊張していたところに、それを紛らす為のアルコールもぐるぐる回ってしまったため、吉備団子を全員に配ったのは覚えているものの、誰がどの席にいて、どのように配布したのか思い出せない場面もあるほどです。

そこから先は、できるだけたくさんの人たちと喋ろうと、かなり意気込んでいたのですが、嬉しくて嬉しくて酒が進み過ぎて、毎度毎度のごとく途中から記憶が飛んでしまったのです。

この日は、2次会、3次会、4次会と続いたのですが、昼の12時にスタートした同窓会は、明くる日の1時になっていました。

50歳前のオッサンが13時間も飲み続けるなんて、終わってますね。

あんまし覚えてないけど、たぶん4次会はアルコールを受け付けていない体になっていたと思われます。
明くる日の1月3日は、一日中患っていたことは言うまでもありません。

しかし、同級生ってやっぱしいいもんですね。
岡山でも同窓生ではないものの、同級生と飲むのはやっぱし楽しいですもん。


ところどころで記憶を失くしているのが、ほんとにもったいないボクですが、あとでみんなが吉備団子を喜んでくれていたことがわかったことで記憶喪失には後悔の念があるものの、ほんと救われました。

2020年の早々から、会場で再会したみんなや先生と会えたけん、この一年また頑張っていけそうです。
帰る地元があるという幸せや喜びをかみしめることができた今年の正月でした。

1月4日に9時間かけて戻ってきた、リ・ライフすえちゃんは、本日より稼働中です!

ではでは。。。
スポンサーサイト



テーマ : 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リ・ライフすえちゃん

Author:リ・ライフすえちゃん
48歳に突入したものの相変わらず、高校野球、広島東洋カープ、80年代ソング、相撲、マラソンが大好きな大分県人です。
大きな笑い声と人懐っこい笑顔がチャームポイントかな???
ひん曲がったことが大嫌いな、リ・ライフすえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード