FC2ブログ

ガックシ!

セルフうどんでの出来事です。

お腹がすいたので、久しぶりにセルフのうどん屋さんに行こうと思い、足を運びました。

休日とゆーこともあり、いつにも増して、お客さんがたくさんいて店内には行列ができるほど。

そんな中、ボクはカレーうどんを注文し、出来上がるのを待っていました。

するとその間に、ガッカリするような光景を目の当たりにしました。

ボクはカウンターに座り、注文を待っていたのですが、両隣の おじさん、そして背後のおばさん共に、自分たちがうどんを食べる際に、散々飛ばした うどんつゆ を拭くこともなく、そのまま帰ってしまいました。

目の前に、ふきんを置いているにもかかわらず・・・

『ここって、セルフのうどん屋だぞ!!みんな、それをわかってて来てるんぢゃないのか?』

どー見ても、地元の人間ですよ。

次に座る人のことを考えれば、自らこぼして汚くしておいて、放って置けるのかが不思議でなりませんね。

東北地方の地震から1週間以上が経過し、こんだけ『助け合い』や、『譲り合い』とか報道を通じて日本中に、伝わっているにもかかわらず、現実はこれか・・・と思うと情けなくなってしまいます。

自分さえ良ければいいの?

大人である我々自身が理解していなければ、次の世代を担う若者や子供たちに教えることができませんよ。

小さい子供ぢゃないんだから、次の人のことまで考えましょうよ

小さいことかも知れませんが、一人ひとりのこのような意識が結束しないと、日本国民全員で東北地方を復興させることはできないと思います。

被災者も含め、一部の復興に携わる人たちだけが、助け合うだけでは、だめだと思うんです。

何もしてあげられない自分たちは、直接、復興には関係ないかも知れませんが、せめて他人に対する思いやりだけは持ちませんか?

日本広告機構のCMで、「思いは見えないけれど、思いやりは見える」って言ってるぢゃないですか。

今日は、とっても悲しいランチタイムでした。

ではでは。



スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リ・ライフすえちゃん

Author:リ・ライフすえちゃん
49歳に突入したものの相変わらず、高校野球、広島東洋カープ、80年代ソング、相撲、マラソンが大好きな大分県人です。
大きな笑い声と人懐っこい笑顔がチャームポイントかな???
ひん曲がったことが大嫌いな、リ・ライフすえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード