FC2ブログ

住宅ローン控除

おはようございます、リ・ライフすえちゃんです。
みなさんも『住宅ローン控除』といったフレーズをお聞きになったことあるかと思いますが…

個人が一定の要件に該当する新築住宅または既存住宅を借入金により取得し、平成21年から平成25年12月31日までに居住の用に供した場合は、居住を開始した年から10年間の所得税額から一定額を控除することができる。

といった税制です。

取得者の要件として…

① 平成21年1月1日から平成25年12月31日までの間に居住すること。
② 合計所得金額が30,000,000円以下であること。
③ 住宅ローン等の年末調整があること。
④ 取得後6ヶ月以内に入居すること。
⑤ 当年または前後各2年間に居住用財産の譲渡の特例を受けていないこと。


これらにおいては大半の方が条件を満たしていると思われます。

また、住宅ローンの要件として…

① 自己居住用の住宅とその敷地に対するローンであること。
② 償還期間が10年以上のローンであること。


要するに、自己居住用でないといけませんってことです。収益用として考えている不動産には適用できません。
また、早く返済したいということで10年以内の返済計画にすると控除が受けられなくなります。

問題は次に挙げられる、取得する住宅の要件として…

① 床面積の2分の1以上が居住用部分であること。
② 床面積が50㎡以上であること。


この2つは大抵クリアするのですが…

>③ 既存住宅は、次のいずれかに該当すること
☆ 建築後20年(耐火建物は25年)以内のもの
☆ 建築後20年超(耐火建物は25年超)の場合は、新耐震基準等に適合していること。

仲介業に徹して業務を行っている リ・ライフすえちゃんとしては、この要件が一番悩ましいんです。。。

なぜなら、取扱い不動産の100%近くを中古住宅or中古マンションとしている者には、お客様と接する中で、住宅ローン控除の説明をする際に、微妙な築年数のものもあったりする訳で…

ここで、今回、リ・ライフすえちゃんの体験談をお話します。

今回、Fさんが購入予定の岡山市東区の木造家屋の住宅が、平成3年7月築ということで、新築当初から21年3ヶ月が経過しております。

住宅ローン控除を受ける要件として、『木造家屋は築20年以内』となっていて、本来ならここで、『残念ながら控除は受けられませんねぇ。。。ってなるのですが、わずか1年ちょっとのことで控除が受けられないのは、本人さんたちにとっては、かなりのマイナスだよなぁ。。 って思ったリ・ライフすえちゃんは、上記の『新耐震基準等に適合していること。』という要件を掘り下げてみようって思いました。

新耐震基準を満たしていることの証明方法としては以下の通りです。

『売主が、建築士、指定確認検査機関、または登録住宅性能評価機関に依頼し、耐震診断を受けて、新耐震基準を満たすことの証明書を取得する。』

ということです。

もしかしたら可能性があるかも知れない!!

そぉ思ったボクはすぐに岡山建築住宅センターに電話をし、相談すると…
図面があれば手数料が51,000円で、図面がなければ手数料が69,000円で検査が受けられるとゆーことでした。

しかし、検査料を支払うリスクとして、検査してもらった結果、証明書を取得するに至らなかった場合でも、検査料は戻って来ないとゆーことです。

これをFさんに理解していただいた上で手続きを行わなければなりません。

また、申請者は売主様でないといけません。

所有権が移転してからの手続きではダメなのです。

売主様にも協力をしていただく必要があるので、ボクは、売主様側の仲介業者さんを通じて、申請者署名・捺印及び図面を探していただくお願いすることにしました。

その結果、売主様にも快諾していただいたので、手続きを進めることになったのです。

図面があったので、手数料は51,000円で済みます。
51,000円の検査料で、10年間の控除額が最大で、約1,030,000円受けられる訳です。

しかも登記の際に必要な、登録免許税も、この証明書があれば、100,000円ほど減税できます。

これらを受けられるか否かで、結果がまったく変わってくるような話です。

51,000円は投資リスクとして、まったくない訳ではないですが、これらを受けられることを考えれば、仲介業者としてこのようなアドバイスをして差し上げることは大切なことではないかと思います。

お客様が購入なさる既存住宅が、昭和56年6月以前のものでしたら、このようなアドバイスはできませんので、 『住宅ローン控除は受けられませんし、登録免許税の軽減も不動産取得税の軽減も受けられません。』と言わなければなりませんが、それ以降に建った建物で、図面等が残されている既存住宅でしたら、控除を受けられる可能性はあると思います。

なので、図面等が準備できる方でしたら、一度事前にご相談にお越しいただき、それを持って事前に検査機関に相談することも可能です。

そこでの相談が実を結びそうなら、検査手数料の51,000円は決して惜しくないと思いますので、リ・ライフすえちゃんまでお気軽にご相談下さい。

ではでは。。。
スポンサーサイト



テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リ・ライフすえちゃん

Author:リ・ライフすえちゃん
49歳に突入したものの相変わらず、高校野球、広島東洋カープ、80年代ソング、相撲、マラソンが大好きな大分県人です。
大きな笑い声と人懐っこい笑顔がチャームポイントかな???
ひん曲がったことが大嫌いな、リ・ライフすえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード