FC2ブログ

耐震診断による減税

こんにちは、リ・ライフすえちゃんです。

とうとう7月に入りましたね。

ここ数日、マラソンをしておらず、せっかく3キロ絞れたのに昨夜食ったお好み焼でリバウンドしてそうな勢いですがみなさまいかがお過ごしでしょうか?

昨日は、岡山市北区中古住宅 の お引き渡しがあったので、休日返上で金融機関へ出向いておりました。
売主のM様、買主のF様、大変お世話になりました。

F様、おめでとうございます!!

この中古住宅は、昭和59年築の木造家屋だった為、登録免許税や不動産取得税の軽減を受けることができないわ、住宅ローン減税も受けることができない建物でした。

購入時に、F様の「可能性がある限りやってみたい!」とゆー熱意を感じ取った、リ・ライフすえちゃんは、何とかしてあげたいとの思いで、耐震診断の申し込みを提案しました。

耐震診断に合格すれば、もちろん、登録免許税も不動産取得税も軽減が受けられます。
また、住宅ローン控除も10年間受けることができます。

逆に不合格となった場合は、いずれも受けることができない上、耐震診断手数料が水の泡となってしまいます。
建築当初の図面があれば、51,000円、なければ69,000円の投資がパーになってしまうんです。

まず、投資する価値があるのか、ないのかを知る上で、建築住宅センターへ下交渉に行かなきゃって思ったのですが、売主様に図面の存在を聞くと…

『私も中古で購入したんで、図面はもらってないし、今も持ってないよ。』とのことでした。

こりゃ困ったなぁ~ 図面がなかったら事前相談もできんし、手数料69,000円が確定するし、何もかも博打やなぁ… って嘆きながら、いい方法を模索していると。。。

『そぉぢゃ!!建築計画概要書を取れば、どこが建てたかわかるけぇ、その住宅屋さんにダメもとで図面が残っているかどうか聞けばいいぢゃん!!』

早速行動すると、下津井電鉄さんが建築した住宅であることが判明。

『下津井さんだったら、Uさんのこと知ってるから、もしかしたら手掛かりがつかめるかも???』

早速、チョー久しぶりにUさんに電話をすると、ボクのこと覚えて下さってて、当時の図面が保管されているかどうかを聞いてみると、なんと!!あったんです。

図面の写しをいただきに上がり、その足で建築住宅センターのOさんに相談に行きました。
すると、『もちろん図面だけでは判断できないけど、診断を受けてみる価値はあるんぢゃない?』ってことでしたので、69,000円の可能性はなくなり、51,000円の投資をするか否かを買主のFさんに掛け合いました。

すると、『お願いします。』ってことでしたので、当社が51,000円を立て替えて、早速診断の申し込みをしました。

不動産の売買契約を締結してから、1ヶ月ちょい先の引き渡しまでの間に診断結果を出して欲しいと無理なお願いをして、6月下旬に、晴れて「耐震診断合格の通知をいただきました。

Fさんには喜んでいただきました。
そりゃそぉでしょう、51,000円の投資が、何十万となって返ってくるわけですもんね。

ばってん…

前回、同じような手続きを踏まえ、合格通知をいただけなかったMさんのことを思い出しました。
一部の方向の耐力壁が基準値を満たしていないとの理由でダメだったMさん。

51,000円の投資が水の泡となったことが、ついこないだの出来事だったんで、ボク自身も不安でしょうがなかったのですが、今回は無事に合格となったんです。

こればっかりは、仲介のプロであっても建築のプロではないんでわからないんですよねぇ。。。

7月は、今のところ2件のご契約が確定しているので、その準備に取り掛かります。

ではでは。。。




スポンサーサイト



テーマ : 知っておいて損はない!!
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リ・ライフすえちゃん

Author:リ・ライフすえちゃん
49歳に突入したものの相変わらず、高校野球、広島東洋カープ、80年代ソング、相撲、マラソンが大好きな大分県人です。
大きな笑い声と人懐っこい笑顔がチャームポイントかな???
ひん曲がったことが大嫌いな、リ・ライフすえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード