FC2ブログ

マナーについて

こんにちは、リ・ライフすえちゃんです。

今日は、全国高校野球大会の組み合わせ抽選会がありますね。

徐々にワクワクしてきました。

さて、話は変わりますが、不動産をお探しの方は当然ではありますが、不動産の見学をしたいということで、メールや電話を使って問い合わせをいただきます。

もちろん、情報を得て、立地的に希望に近かったり、予算的にも希望の条件に近いから、あとは内見してみよう!!ってことで、お問い合わせをいただく訳ですが、そこまでは当然の行動ですよね。

問題は、ここからです。

仲介業者と約束を取り付けて、いざ見学!ということで、ここで初めてお会いするケースが大半です。
お互いが短時間で信頼関係を築くのも確かに難しい話ではありますが、かと言って、我々の立場からすると、見たいとおっしゃったから相手方の希望の時間に合わせて、時間を割いて、ご案内している訳です。
ましてや、売主様からお預かりしている大切な財産をご案内し、立ち会っている訳です。

私が問題視しているのは、ここから先の話です。

観ていただいて、どのような感想を抱こうが、どんな結論を出そうが、それはその方の勝手だし自由だと思います。
しかし、見学した後の連絡をしてこない方が、あまりにも多過ぎるのです。
これは、私に限らず、いろんな仲介業者の営業マンとも話をしていても、そのような声が聞こえてきます。

もちろん、私たちの業界が彼らを甘やかしているのかも知れません。
しかし、相手に物事を頼んでおきながら、自分たちの観たいという欲求は満たしたあげく、何の音沙汰もないってのは道義的にいかがなものかと思うのです。

最近、私自身は、見学者と別れる際に、『売主様には、お宅様が今日見学なさることはお伝えしているので、私の立場としては売主様に貴方様のご感想や、出したご結論に対し、報告しなければならないんです。ですので、必ずお宅様の方からご連絡を下さい。』というようなことをお伝えするようにしています。

しかし、そこまで言っても、何も連絡してこない方がいらっしゃるのです。
自分がやっていることに気付いていない大人達がたくさんいらっしゃるようで、ホントがっかりします。

断りづらいって気持ちはわかりますが、それは、このことに限らず、日常生活の中で、こんな場面は多数存在するはずです。
その都度、逃げてばかりいる人生ってつまんないですよね。

ボクなんかが偉そうに人に対して言える立場ではないかもしれませんが、気付いて言葉に出している以上は、自分自身も後ろ指さされないように意識しての言動が大切ですね。

はぁ… この文章、疲れた。

人生は、いつまで経っても勉強の毎日です。

ではでは。。。

スポンサーサイト



テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リ・ライフすえちゃん

Author:リ・ライフすえちゃん
49歳に突入したものの相変わらず、高校野球、広島東洋カープ、80年代ソング、相撲、マラソンが大好きな大分県人です。
大きな笑い声と人懐っこい笑顔がチャームポイントかな???
ひん曲がったことが大嫌いな、リ・ライフすえちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード